ブログ一覧


恋愛経験がそこそこあるからこそ陥りがちな婚活で敬遠される人の4つの特徴とは

 

 

今まで何人もの方と交際経験があり、あらゆる婚活ツールを使ってきたけれど

結婚に結びつかなかった【恋活】経験が豊富な方が、お見合いの舞台に立った時に

今までのような流れで臨むと、今まで見たいにすんなりいかないことが起こりがちです。

 

恋愛経験がそこそこあるからこそ、婚活で陥りがちな 4つのことに触れていきたいと思います。

 

 

お見合い相手は部活仲間!? 武勇伝を披露しあうのは無意味

 

 

お見合いで話が盛り上がって意気投合して、交際成立になったけれど

なぜか部活動のごとく、お互いの武勇伝を披露しあうことが起こることもしばしば。

 

どのアプリがいいだとか、どのパーティーにはどんな人が集まるだとか

自分が入会している結婚相談所のこととか、相談所に入会してどのくらい経つかとか

今まで何人お見合いしただとか、お見合い相手との仮交際のこととか

自分と同じような状況に置かれている人に話したくなる気持ちも分からなくはないのですが

せっかく、時間を作ってあなたの為に会いに来てくださった方に、そういう武勇伝は無意味です。

 

【婚活をしている】確かに、その点はお互いの共通点ですが、【本気で結婚したい】と思っている方です。

あなたの武勇伝に面白おかしく乗ってくる方は、その時点で『この人はないな~』と思われている

可能性が高いと言えます。

 

 

隠し事したくないから、お互い何でも話そうねの落とし穴

 

 

隠し事したくないから、お互い何でも話そうね!
と言われたら、隠し事なしでお付き合いできる関係だから信頼できるよね。と思いますが、
反面、全部話したんだから、それを分かって付き合ってくれてるよね。という前提にもなります。

 

過去にモテたアピールや過去の恋愛経験など、いろいろお話したところで、

自分はモテなかったわけではないことを伝えたいつもりかもしれませんが

聞いている側にとっては、歴代の彼女(彼氏)と比べられているような感覚に陥ることもあります。

 

昔のことに嫉妬したり、不安になったり・・・

逆に、沢山お付き合いしてきたのに、結婚できていないのは、人間的に問題があるんじゃないか

と猜疑心を持ったり・・・

 

今、お付き合いしているのは、そういう経験も乗り越えてきたあなたなのです。

目の前の彼女(彼氏)を大事にしたいと思えるなら、昔の彼氏・彼女の話は必要ありません。

 

モテるかモテなかったかより、現在進行形で、お相手に向き合えるか向き合えないかです。

 

 

恋愛経験がない方を小馬鹿にする

 

 

婚活をしている方の中には、恋愛経験がゼロという方もいます。

女子校、男子校で異性と接することなく社会人になって、出会いがないままだったり

奥手でなかなか一歩踏み出せなかったり、でも適齢期になり『結婚』を本腰を入れた婚活を始める方も

少なくありません。

 

恋愛経験があまりない方は、異性に対して警戒心を持っていて、自分の思うことを伝えきれなかったり

デートコースの提案もできなかったり、スマートな受け答えもできなかったりすることがありますが

『あの人 恋愛経験がないからリードできなんだ!』なんて小馬鹿にしないでください。

そういった気持ちは、言葉には出ないにしろ、無意識に態度に現れます。

そのような態度が見えた段階で、お相手は恐縮してしまいます。

 

お相手が恐縮してしまうから、進展しないということも起こります。

 

 

真剣だからこそ警戒されている

 

 

アプリやパーティー、友達の紹介などライトな出会いだったら、交際期間など気にせず

結婚を前提はなく、楽しくラフにお付き合いできるのですが

結婚相談所での活動は、みなさん本気の出会いを探して、最短で結婚したいという気持ちを持っています。

 

ましてや、交際期間という、自由恋愛では存在しなかった鉄の掟のルールがあるので

真面目な方ほど、早い段階で『お付き合いしたら結婚するの???』という不安にとらわれがちです。

 

自由恋愛と一緒で、結婚相談所のお見合いからの結婚も、『好きになる』ことから始まるのですが

『好き』より前に『結婚』を考えてしまい、自分の結婚相手に相応しいかどうかを、よくお相手のことを

知らないのに判断しようとするので、警戒しているのです。

また、自分の結婚相手としてどうかを査定していることもあります。

 

プロフィールを見て、結婚相手に条件としては、まあいいかもしれない・・・という段階でのお見合いですから

あとは相性がどうか、好きになれるかどうかです。

 

デートのお誘いをしても、次回の日程がよく分からないと言われたり

連絡が途切れがちになったり、既読スルーが続いたりした場合は、

自由恋愛のように自然消滅はありませんから、様子見をして交際終了を申し出ましょう。

 

交際終了は仲人の方からお相手に伝えます。

お見合いを申し込んだ方だからとか、相手が女性だからとか気にする必要はありません。

婚活の舞台に立っているので、みな平等ということをお忘れなく。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

交際経験がそこそこある方ほど、恋愛は分かるのですぐに結果(結婚)に結びつく!と

思いがちですが、そもそも恋活と婚活の舞台が違うので思うように進まなくて

イラついてしまうこともあるかと思います。

 

恋活から婚活に乗りかえた時は、過去の経験則に囚われることなく

転校生のような気持ちで、周りの状況をしっかり見て、素直な気持ちで取り組んでいく方が

結果(結婚)に結びつくのが速くなります。

 

 

オンライン無料相談開催中です

 

 

 

アヴァンジュブライダルでは、結婚を真剣に考えているあなたへ、

無料婚活相談実施中です。

 

★婚活したいけれど何から始めたらいい?

★そもそも出会いがない・・・・

★結婚相談所ってどんなところ?どんなシステム?

★ お子さんの婚活の相談をしたい・・・・

 

遠方の方は、オンラインでのご相談も承っております。

 

無理な勧誘はいたしません。

お気軽にご相談ください。

 

 

オンライン無料婚活相談はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 アヴァンジュブライダル. All rights Reserved.