ブログ一覧


男性のLINEが残念に感じる5つの理由

 

 

男性と女性にはLINEの考え方に違いがある!?

 

LINEって簡単なコミュニケーションツール

しかし、男性と女性ではLINEをするということ自体の考え方の違いがあるようです。
 

女性は、共感したい生き物
コトでもモノでも他人と共感して、自分のことを大事にしてほしいと
感覚的に思っています。

女子友に送る感覚で彼氏にLINEしても
レ LINEの連絡が毎日ない
レ 既読スルーされている
レ そっけない返事が一行だけ

だったら、
『まじ、ありえないんだけど!』ってキレたり
『〇〇ちゃん 可哀そう~!!そんな冷たい気が利かない男なら
別れた方がいいよ~』と女子友にそそのかされたり
自分で『THE END』を彼に宣言してみたり・・・
連絡頻度の多さが愛情の多さだと勘違いしている女性が多いようです。

 

 

LINEの連絡の多さ≠愛情の多さ 

男性はLINEをコミュニケーションツールとは思っていません。
業務報告ツールだと思っています。

 

男性は解決したい生き物です。
女子友とするような答えのない世間話も男性は『それで?』とオチを探すし
ただ聞いてほしい上司や同僚の愚痴も男性は解決策を話してくるのです。
用事がある時に、さくっと解決したい・・・
そういう思いでLINEを使います。

〇日にここに行くとか答えが決まっているものには反応しやすいけれど
世間話的なものには答えがないので反応しにくいのです。
特別な用事がないと連絡しないのです。

 

レ LINEの連絡が毎日ない→ 意思決定をするようなことがない
レ 既読スルーされている  → 内容は確認している
    (ほんとに嫌だったら、未読スルー)
レ そっけない返事が一行だけ → 返事レベル。
    (あとは会ってゆっくり話せばいい・・)
      と思っています。

 

『なに~それ~!!許せない~~!!』という女性の反感を買うことは分かっていても
LINEは苦手・・・という男性は実は多いのです。

女性ほど群れたがらないし、共感してLINEで延々とやり取りしようと思っていません。
脳の作りが違うから、仕方ありません。

 

女性は共感したい
男性は解決したい
そういう生き物 こう思って接することが大事です。

 

 

LINEでトークラリーをするよりも声を聴いた方が嬉しい

 

 

LINEっていつでも簡単に時間を気にせず、相手の時間を邪魔せず利用できるので

便利ではありますが、やはりトーク画面上に言葉が残ります。

 

あいまいな日本語のせいで、ほんとはそういうつもりでLINEしたんじゃないのに

誤解させてしまった・・・ということも起こります。

 

本当に伝えたいことは、直接電話で!これ鉄則です!

声を聴くことで解消できる不安や悩みもあります。

 

親しくなれば、お互いの毎日のルーティンもわかってくるので

LINE<電話の方がより深いコミュニケーションが取れていきます。

LINEの一言より生電話の一言の方が重みがあります。

 

 

 

スタンプが意味不明

 

 

LINEスタンプを多用されたり、既読した証拠にスタンプひとつで返事を返したり

女子受けしそうなスタンプを送ってこられたり、スタンプがウザい・・・と思う女性も増えています。

なかには、毎日LINEでスタンプを送ってきただけだったといいうツワモノもいましたが

その方たちの共通認識は ” スタンプが挨拶がわり ”なのです。

ラリーしていることが彼らにとっての愛情表現なのですが、気持ちが伝わりませんよね。

 

そんなときは、自分はスタンプを使わずに、言葉で伝える工夫をしてみる!ということです。

 

LINEをできる時間は、電話で話せる時間かもしれないし、多少文面がそっけなくても

ラリーをできているのであれば、お話する機会はあるはずなので

必要事項のみを伝えるように、誘導してみる方法もありだと思います。

 

” 女性はスタンプがあった方が嬉しいかも ”と頑張って、使い慣れないスタンプを多用している

可能性もありますので、そこはじんわり誘導してあげましょう。

 

 

交際経験が少ない男性にあるあるなLINE攻撃をどう交わす?

 

また、交際経験が少ないの男性にあるあるですが、

交際になった=彼氏・彼女の関係 と認識して、

交際を一気に進めたいがあまりに女性に対して

毎日「おはよう」から「おやすみ」まで何度もLINEをしたり

業務報告的にその日にあったことを報告したりする方もいます。

 

女性も同じ温度で交際が進んでいるならばいいのですが、

どうしても最初は警戒から交際が始まるので

「毎日LINEが来て重い・・・」「たわいのないことにどう返信していいかわからない」

「空気が読めてない・・・」と思いがちです。

 

最初はLINEが来て嬉しいけれど、返信するのが嫌になった・・・・

LINEが来てると思うだけでブルーになる・・・・

そういうときは、たぶん次回デートしても盛り上がらないことが目に見えています。

お断りのタイミングかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

さくっと簡単に、相手が見てくれたかどうかが分かりやすいLINEだからこそ

LINEだけのラリーに頼らず、コミュニケーションをとっていきたいものです。

 

どうしても、文章だけのコミュニケーションだと、曖昧な日本語は伝わりにくいものです。

 

私事にはなりますが、主人と交際しているときに、デートから帰ってきて

一通のショートメールが入りました。

” これからお付き合いをしていけないかなと思っています”

 

少なくともデートは楽しかったと思っていたけど、付き合いを続けるのは難しいってこと???

すぐさま、電話をして確認をすると、” いやいや その反対で、つきあっていきたいということ”という

返事が返ってきました。

連絡もせず、勘違いして、”交際終了”と思っていたら、今はなかったかもしれませんね。

それからの主人との連絡はほぼ電話となりました。

 

日本語は読み方によっては、幾通りにも推測ができるので、送る際にも事前に確認して

変に取られないか、十二分に注意が必要ですね。

 

 

オンライン無料相談開催中です

 

 

 

 

アヴァンジュブライダルでは、結婚を真剣に考えているあなたへ、

オンライン無料婚活相談実施中です。

一人で抱え込まないで、お気軽にご相談ください。

 

オンライン無料婚活相談

 

 

2月21日(日)サンレイクかすや 無料結婚個別相談会を開催します

【場所】サンレイクかすや 会議室1      糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1番1号

【時間】9時から12時まで

 

★結婚したいけれど何から始めたらいい?

★そもそも出会いがない・・・・

★結婚相談所ってどんなところ?どんなシステム?

★ お子さんの婚活の相談をしたい・・・・

 

 

今だからできる最適の婚活スタイルを考えていきましょう。

コロナウイルス感染拡大防止の為、換気・消毒を徹底し、スタッフはマスク着用で対応しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 アヴァンジュブライダル. All rights Reserved.