ブログ一覧


男性は彼女にとってのスーパーマンになりたがる

かっこいい自分を見せて尊敬されたい男性

 

 

男性は縦社会で生きています。
体育会系で年齢や地位・肩書などに敏感に反応し、

プライドが高く、一番になりたいという気持ちがあります。

彼女に対してもかっこいい自分を見せつけて尊敬されたいという気持ちが
交際初期に出てきます。

 

自分の仕事がどれだけ大変なのか
学歴や友人・家族などの自慢話をしたり
女性の話をあまり聞こうとせず、延々と自分の話をしてきたりと、
自分を大きくみせようとします。
やたら饒舌になっているのは、自分に自信がない証拠です。
無言の時間が怖いし、認められたいという思いからです。

 

 

女性のオチのない話が苦手な男性

 

 

また女性の話を聞けない理由として、女性の話のオチがないからという問題があります。
女性は横社会で生きているので、初対面でも打ち解けられますが、男性はなかなかそうはいきません。
女性は共感されたいという思いが強いので、結論のない話が多い傾向があります。
男性は解決するために話のゴール探しをしているので、女性のオチのない話は苦手です。
ただの世間話のつもりで、アドバイスを求めていないに
ついアドバイスしたり、話の腰を折ったりしてしまいがちになります。

 

 

沢山話ができて満足した男性はお見合い成功だと勘違いする!?

 

一方的にマシンガントークをした男性は、「自分の話を楽しそうに聞いてくれて、いっぱい話せたから

交際希望」を出す方が多い一方、
女性は「一方的に話されて、何も私の話は聞いてくれなかった」「とても疲れた」

とお断りになるケースがよく見受けられます。

女性は臨機応変に接することができるし、共感して話を聞くこともできます。
女性が話しているときは聞き役に徹し、話しやすい雰囲気を作ってあげた方が
「話をいっぱい聞いてくれる優しい男性」として好感度がUPします。

 

 

一緒にいる時間が増えると日常になってリラックスしたい男性

 

 

2~3時間のランチデートを何度かして、一日を一緒に過ごすようになってきたら
男性は自分を大きく見せる必要がなくなってくるので、彼女に対しての省エネを始めます。
饒舌だった彼が無口になったり、ボーっとしていたり、リラックスした日常を好むようになります。
リラックスできるほど、あまり気を遣わなくていいし、一緒にいてラクだし、

彼女に対して安心している証拠です。
そして、少しづつ子供っぽいところが出て、彼女に対しての甘えが出てくることもあります。

それに引き換え、女性は今まで饒舌に話していた男性が無口になり、気遣いも減り
リラックスモードに突入したら、今までのギャップに少し戸惑い気味になります。

女性はいつまでも女性でいたいという気持ちがあるので、大事にされていないという感覚があるのです。

女性は感情で動く生き物、男性は理屈で動く生き物です。
不満や気になることは、言葉に気持ちを乗せて、彼に伝えていくようにすれば
彼もそれに気づき、対応してくれるようになります。
ただし、伝えるときは相手が分からない前提で、小5くらいの子に話すような感じで
言葉を省略せずに、分かりやすく伝えましょう。

 

 

かっこいいところもそうでないところも含めて好きになれるか

 

四六時中かっこいい、気を抜かない彼はまだ実はあなたのことを他人として捉えているかもしれません。
カッコ悪い部分を見せてくれるようになってはじめて、気を許してくれている存在になっています。
いわゆる身内感覚です。
いつまでも女性として扱ってほしい彼女にとっては、いきなり現実が見えたようで
「百年の恋も冷めた」感覚になることもあります。
しかし、彼はそのくらい安心して弱みを見せられるようになったということです。

カッコよさや憧れだけでは、結婚という生活は厳しいものがあります。

四六時中かっこいい、気を抜かないオフィシャル彼はまず存在しません。

またオフィシャルな彼の前では本音の自分を出すこともままならないはずです。

 

必ずOFFのプライベートモードの彼もいます。
見た目やうわべだけではなく、彼の内面的な部分まで好きになれるのかを
しっかり考えてみましょう。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 アヴァンジュブライダル. All rights Reserved.