ブログ一覧


恋愛は数値化できないから悩むもの

100人いたら100通りの恋愛パターンがあり
恋愛カウンセラーや結婚相談所のカウンセラーでさえも

経験則でアドバイスしてもうまくいかないことはあります。

 

それは、自分の経験則と実際の状況の違いや

会員様のお気持ちに添えていなくて、問題が別にあったりすることで

ちぐはくなアドバイスをしていることがあるのかもしれません。

そうならないために、会員様の気持ちにダイレクトに響くようなフレンドリーな距離感と
話しやすさ、自分で考え自分で決断していただけるような環境づくりなど
日々どうしたらうまくいくのかを試行錯誤をしています。

 

 

恋愛は数値化できない要素が多いから悩む

 

 

脳神経外科医の菅原道仁先生によると

恋愛はフェロモンや気が合う 合わないなど、判断基準が曖昧で実体がなく
自分を理解することがより難しくて
数値化できない要素が多いから悩むそうです。

 

学生時代はテストで成績や偏差値が示されたり、

スポーツでは、試合で順位がついたり

資格試験では点数のボーダーラインで合格か不合格か決められたり

社会人になれば営業成績や人事評価で査定されますが

こと人間関係や恋愛関係に関しては、偏差値も評価基準もないので

「基準」は「感覚」でしかないので、難しくて当然です。

 

 

100点満点を探そうとするから余計難しい

 

 

「せっかく婚活をするんだから、理想は落としたくない!

   自分が好きになれる100点の人と結婚したい!」と顔・スタイル・年収・学歴・性格など

  全てにおいて理想の100点を探そうとされている方もいらっしゃるかと思います。

 

血液型や星座占い・性格・名前などの相性診断などで「お二人の相性は○○点」で

相性が点数化されることはあります。

確かに、統計上ではそうかもしれませんが、育った環境が違うので全くその通りかといえば

そうであるとは言えません。

「会わなきゃ分からない」「話さなきゃ分からない」というのが実情です。

 

100点を意識しすぎるからこそ、「お相手へのブロック」が外れないのかもしれません。

 

 

70点あればいいんじゃない!?

 

 

何度かお見合いを経験し、いろんな方の価値観に触れてくると

自分が結婚に何を望んでいるのかが見えてくるようになります。

「結婚して幸せにしてもらいたい」のか「結婚してふたりで幸せになりたいのか」

残念ながら、前者の「結婚して幸せにしてもらいたい」人は

やはり100点に拘ります。

 

真剣交際に進むか進まないかで悩んでいる方によくお話することがあります。

それは「好きが100になることはないから、70くらいでok!

100はもう減点しかなくて、どんどんマイナス査定に繋がるけれど

70だと、一緒に過ごすことであとの30は一緒に過ごすことで埋まるから、、」ということです。

 

育った環境が違う、見知らぬ二人が出会って

70点って凄いことだと思いませんか!?

 

それ以前に自分はお相手にとっての100点なのかどうか

それを考えたら、おこがましくて100点満点の人がいい!とは少し言いづらいかもしれません。

 

 

 

なんか違うは誰も言葉にできない

 

 

交際中のお断りの言葉で「なんとなく」ということがよくあります。

なんとなく価値観が違う・・・

なんとなく違和感がある・・・など
自分の中にあるもやっとした感情は
そもそももやっとしているので
言葉にすることも難しいから
なんとなく違うという釈然としない断り文句に落ち着くのだと思います。

 

これは前出の菅原先生曰く
それぞれの経験則で感情のすれ違いが起こり
感情のすれ違いは脳の仕組みなのだそうです。

 

それぞれの経験則での感情のすれ違いから起こる「なんか違う」という言葉。

しかし、もやっとしているから、誰にも明確な答えが分かりません。

 

どうして自分がその人とうまくいかなかったのか

どうして自分の婚活はうまくいかないのか・・と思い悩むかもしれませんが

それは、あなたが悪いわけでも相手が悪いわけでもなく、それぞれの経験則があるから

すれ違いが起こるのです。

 

 

恋愛は永遠の課題

 

 

東大を出ていようと、超一流企業に勤務していようと
モデルのようなイケメンであろうと、アイドルのように可愛い子であろうと
恋愛には、方程式も正解もなく、数値化できないので
同じように悩んでいる訳です。

 

数値化できないし、答えがないから恋愛とは永遠の課題なのです。

自分が悪いんだーと責めたところで解決しないし

結婚したところでこの課題に終わりはありません。

 

恋愛はみんな悩んでいるから

だからみんな興味あるし
ドラマや小説 映画なんかも昔から人気あります。

 

自分を大切にし、相手のことも大切にでき

自分がされて嫌なことは相手にもしない

自分がされてうれしいことを相手にもする・・・

こんな素直な気持ちや行いが、恋愛がうまくいく要素なのかもしれませんし

結婚してからもうまくいく秘訣なのかもしれません。

 

 

参考文献 :「モテ」と「非モテ」の脳科学
      おじさんの恋心は何故報われないのか
      著:菅原道仁 山田ゴメス
      ワニブックス

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 アヴァンジュブライダル. All rights Reserved.